「銀行Pay(マルチバンク対応)」のさらなる拡大を推進

2019年2月8日、横浜銀行は、スマートフォンを使った決済サービス「はまPay」において、北陸銀行および北海道銀行と連携したと発表した。

「はまPay」は、横浜銀行と契約した店舗(以下、加盟店)で買物代金などを支払う際、個人客が専用のスマートフォンアプリを操作することで、事前に登録した横浜銀行の口座から決済資金を即時に引き落とすサービスだ。

同連携により、「はまPay」の利用者が他の金融機関と契約した店舗でも支払い可能な「銀行Pay(マルチバンク対応)」のさらなる拡大が図られることとなる。

銀行口座と連動したスマホ決済サービス

北陸銀行および北海道銀行は、GMOペイメントゲートウェイからシステム提供を受け、2019年度上期(予定)から、銀行口座と連動したスマホ決済サービス(以下、同決済サービス)を提供する。

同決済サービスは、「はまPay」と同様に、利用者がそれぞれの銀行で新たに口座を開設することなく相互の加盟店で支払いが可能となる「銀行Pay」に対応する予定であり、地域を越えて加盟店が広がり、さらなる利便性の向上につながる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

横浜銀行 ニュースリリース
http://v4.eir-parts.net/