従来は、ダイバーを起用した潜水での点検作業

2019年2月19日、株式会社商船三井は、株式会社セキド、および株式会社MOLマリン(以下、MOLマリン)と、MOLマリンが運航管理するケーブル敷設船(以下、同船)の海面下の状況を水中ドローン(Remotely Operated Subsea Vehicle、以下、同水中ドローン)を用いて確認する実証実験を実施したと発表した。

同船の船外機器や船底が汚損すると、船速の低下や燃費の悪化等をもたらし、同船の運航に影響を及ぼす可能性があるため、当該部を定期的に点検し清掃する必要がある。

このため、従来は、ダイバーが潜水して点検作業を行っていたが、気象や海象の状況によって海が荒れると作業に悪影響を及ぼし、時間と費用が嵩むケースがあった。

実証実験の概要

同実証実験では、同水中ドローンを用いて、海面下の船外機器の故障・破損の有無や、船底汚損状況を把握する作業を実施し、同水中ドローンの操作性や、撮影した画像の精度を確認した。

この結果、従来のダイバーによる確認と代替可能な手段として効率的かつ安全・確実な方法であることが確認できたとのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

商船三井 プレスリリース
https://www.mol.co.jp/pr/2019/19014.html