遠方の学生や、他社と採用面接が重なった学生に対して面接機会を提供

2019年2月20日、株式会社タレントアンドアセスメント(以下、タレントアンドアセスメント)は、ユーピーアール株式会社(以下、ユーピーアール)が2020年卒新卒採用において、AI面接サービス「SHaiN(シャイン)」(以下、同サービス)を試験的に導入すると発表した。

少子化が続き、就職活動においても売り手市場で、採用が一層困難になると予測されるなか、ユーピーアールは、2020年の新卒採用において、面接を受ける学生が、対人あるいは対AI面接の、どちらかを選んで受験できる選択式の選考を実施する。

これは、面接の場所や時間を選ばない同サービスを導入することで、遠方の学生や、他社と面接が重なった学生に対して面接機会を提供し、より多くのマッチングを図るためだ。

なお、ユーピーアールは、物流で利用されるパレットのレンタル事業を中心に、IoT技術を活用した物流管理事業、アシストスーツ事業などを展開する総合物流ソリューション企業である。

AI面接サービスSHaiNの概要

同サービスは、AIが対話しながら、タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドをもとに面接を実施し、専門スタッフが応募者の資質を分析して評価レポートを提供するもので、採用基準の統一が図られる。

同サービスは、2017年10月から提供されて、現在は企業規模を問わず、約70社で導入されており、大学のキャリア教育や、地方自治体でも導入が検討・開始されている。

(画像はタレントアンドアセスメント公式ホームページより)

▼外部リンク

タレントアンドアセスメント プレスリリース
https://www.taleasse.co.jp/