次世代のモビリティ社会を見据えた移動時間の変革

2019年2月18日、三菱地所株式会社(以下、三菱地所)とMONET Technologies株式会社(以下、MONET)は、MaaS(Mobility as a Service)の実現に向けて、移動時間の変革に関する実証実験を開始すると発表した。

MONETは、新しいモビリティサービスの構築を目的として、ソフトバンク株式会社とトヨタ自動車株式会社が共同出資して設立した会社だ。

また、三菱地所は、デジタルテクノロジーを活用したビジネスモデルの革新(デジタルトランスフォーメーション)をグループ横断的に推進している。

両社は、次世代のモビリティ社会を見据え、自動車の車内空間を有効活用して、「移動時間」を働く時間や家族と快適に過ごす時間に変えるなど、新たなモビリティサービスの可能性について検証する。

実証実験の概要

実証実験の実施日時は、2019年2月26日(火)~3月22日(金)で、休日を除いて、朝は6:30~9:30、夜は17:45~20:30の時間帯で運行し、「ビジネスパーソン」向けと「ワーキングパパ・ママ」向けの2つを実施する。

「ビジネスパーソン」向け実証実験は、大手町・丸の内・有楽町エリアで三菱地所が運営・管理するビルに勤務する人を対象に、スマートフォンのアプリケーションで選択した場所から勤務地付近まで送迎するサービスである。

Wi-Fiサービス・膝上テーブルの提供、充電プラグの設置、軽食の販売などの車内サービスがあり、車内をオフィススペースとして利用できる。

また、「ワーキングパパ・ママ」向け実証実験は、送迎エリアが丸の内を中心とした半径3km圏内で、三菱地所が協力を依頼した保育施設の利用者が子どもと快適に通勤できる空間を作り、チャイルドシートの設置、絵本の提供、軽食の販売などの車内サービスを行う。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三菱地所 ニュースリリース
http://www.mec.co.jp/