作業者の身体的負荷の軽減と生産性向上

2019年2月12日、JALグループの株式会社JALグランドサービス(以下、JGS社)と株式会社ATOUN(以下、ATOUN社)は、作業者の身体的負荷を軽減し生産性を向上するため、ATOUN社のパワードウェア「ATOUN MODEL Y」(以下、同ウェア)を羽田空港と成田空港に10着ずつ導入すると発表した。

現在旅客需要の拡大で手荷物や貨物の取り扱い量が増える一方、生産年齢人口の減少などで人手不足が懸念されている。着用型ロボットを提供するATOUN社は「年齢や性別の力の差に左右されずに働けるパワーバリアレス社会の実現」を目指して、パワードウェアの開発・普及に努めている。

また、JGS社は、国内主要空港のグランドハンドリング業務(主に手荷物・貨物搭降載作業など)を担っており、同ウェアを導入することで、社員の身体的負荷や蓄積の軽減、生産性向上に取り組むとしている。

パワードウェア「ATOUN MODEL Y」の概要

同ウェアは、腰をサポートする着用型ロボット。主に乗客の手荷物を取り扱うソーティング場でのベルトコンベアからコンテナへの積み込み作業や、上屋と呼ばれる貨物倉庫内における作業での活用を想定している。

実際に着用した作業者からの評価も高く、各地の空港への展開も検討されている。両社は、空港グランドハンドリング業務のさらなる作業負担の軽減を目指し、共同開発も視野に入れて同ウェアの「腕のアシスト機能」開発に取り組んでいくとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

JAL ニュースリリース
http://press.jal.co.jp/