観光列車による道内観光の振興と地域活性化

2019年2月12日、北海道旅客鉄道株式会社(以下、JR北海道)は、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)、東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)および日本貨物鉄道株式会社(以下、JR貨物)の協力のもと、観光列車の走行プロジェクト(以下、同プロジェクト)を立ち上げると発表した。

同プロジェクトは、北海道胆振東部地震の影響を受けた北海道を応援するために、観光の振興と地域の活性化を図ることを目的としている。

走行プロジェクトの概要

JR北海道とJR東日本は、連携してシニア会員組織「大人の休日倶楽部」やインターネット予約サービス「えきねっと」等のサービスを展開している。

今回、JR東日本が「びゅうコースター風っこ」(2両編成)を提供する。2019年7~9月の土・日・祝日に、現在観光列車のない宗谷線において運行し、沿線地域の人と協力しながら盛り上げる取り組みを行うとしている。

宗谷線は、広大な田園風景から天塩川を囲む森林や、サロベツ原野の向こうに見える利尻富士まで、移り変わる車窓が魅力とのこと。

また東急電鉄は、JR横浜駅から伊豆急下田駅間などを運転している「THE ROYAL EXPRESS」を、札幌~道東エリアにおいて2020年5~8月に週4日程度運転する予定だ。

同列車は8両編成で、1・2号車は子供から大人まで楽しめる「ゴールドクラス」、3号車は展覧会や結婚式にも使用できる「マルチカー」、4号車はこだわりの料理を準備する「キッチンカー」、5号車から8号車は落ち着いた雰囲気の「プラチナクラス」となる。

実施するにあたっては、JR北海道が全体を統括しJR東日本と東急電鉄が運営等に携わる。JR貨物は運行する車両を北海道まで回送運搬する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

JR北海道 ニュースリリース
https://www.jrhokkaido.co.jp/