Yahoo! JAPANの主要な配信面を網羅

2019年2月14日、ヤフー株式会社は、プロモーション広告「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」の新メニューとして、レコメンド広告「動的ディスプレイ広告」(以下、同広告)の提供開始を発表した。

同広告の配信面は、同社のパソコン版・スマートフォン版トップページのほか、各サービスページ(Yahoo!ニュース、Yahoo!天気・災害など)や、提携パートナーサイト(外部ニュースサイトやエンタメ情報サイトなど)になる。

これらは同社の主要な配信面を網羅しており、より多くのユーザーへのリーチが可能となった。

「動的ディスプレイ広告」の概要

同広告は、広告主のサイト内における各ユーザーの行動履歴をもとに、ユーザーの興味や関心を予測する。興味関心に合った広告をタイムリーに配信できるため、高いクリック率が期待できる。

さらに、広告表示はパソコンやスマートフォンの掲載面にあわせた最適な形になっている。

また、動的にクリエイティブを配信することも可能で、複数種類の商品を扱う事業者は、商品ごとに個々のクリエイティブを用意する手間なく、複数の商品が横にスライドして表示される。

なお、一部の広告主を対象に行った試験提供の結果では、通常のプロモーション広告のリターゲティング広告と比較して、クリック率はパソコンで約5倍、スマートフォンで約2倍、また、コンバージョン率はパソコンで約4倍、スマートフォンで約2倍となって、パフォーマンスが大きく改善した。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ヤフー株式会社 プレスルーム
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2019/02/14m/