タクシー事業者に求められる機能・サービスの高度化

2019年2月21日、株式会社デンソーテンと、販売子会社である株式会社デンソーテン販売は、車載タブレットも接続可能なクラウド型業務システム(以下、同システム)を、2019年1月より、タクシー事業者へ納入開始したと発表した。

タクシー業界は、少子高齢化や訪日外国人による需要構造の変化、スマートフォンに対応した配車アプリケーション、様々なキャッシュレス決済手段、ライドシェアの活性化など、環境の大きな変化に見舞われている。

さらに、事業者に求められる機能・サービスも高度化する一方で、専用の配車(コール)センター、サーバーなど、従来型の車載システムだけでは、スピード、コストや使いやすさの面で対応が困難になってきた。

車載タブレット用システムの概要

同システムは、車載システム側に汎用のタブレットを採用しているため、事業者は、タブレットにインストールされているアプリケーションを更新・追加するだけで、新機能やサービスを導入できる。

また、従来のナビ、無線機、ECUなどの各種機器が、タブレット1台に集約されるため、車室内をスッキリさせられる、という効果も見込まれる。

なお、タブレットを選定するに際しては、堅牢さとともにプラットフォーム(クラウドセンター)との相性を考慮し、事業者ごとに最適なタブレットを組み込んだパッケージを用意・提案していく。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社デンソーテン プレスリリース
https://www.denso-ten.com/jp/release/2019/02/20190221.html