既存の無人自動清掃・有人清掃を代替

2019年2月22日、三菱地所株式会社は、日本ビソー株式会社と共同で、多関節アーム搭載「多目的壁面作業ロボット」(以下、同作業ロボット)を活用した外窓清掃の実証実験を、2019年2月28日(木)~3月15日(金)の16日間実施すると発表した。

従来の外窓清掃は、窓面の大きさに合わせた無人の自動清掃ユニットや有人による清掃で行っているが、人手不足に直面しているビルメンテナンス業界の働き方改革が求められるなか、両社は、同作業ロボットの実現を目指している。

同作業ロボットを導入することで、清掃の性能や効率等を向上するとともに、軽量化して汎用性も高め、既存の無人自動清掃・有人清掃の代替を図っていく。

さらに、外壁調査・診断やシール打替え等の諸工事等にも活用することでより効率の良い施設運営管理業務を確立すべく、実証実験を行うこととなった。

「多目的壁面作業ロボット」の概要

同作業ロボットは、産業用ロボットとして活用されている多関節アームで、本体がベースシステムと作業ヘッドで構成され、ゴンドラに搭載されており、人が行う清掃動作がプログラムされているため自動でスムーズな清掃が可能だ。

このため、既存の自動清掃ユニットは縦または横方向のみに清掃するが、同作業ロボットは、縦横自在にスクイジーを動かすことが可能で、清掃のクオリティ向上が期待できる。

また、同作業ロボットを活用することで、外気温の影響なく作業を進められるほか、執務室内に対して作業員の人目を感じさせずに作業することが期待できる。

さらに、窓清掃用スクイジーに替えて、新たな作業ヘッドを開発することで、外壁調査・診断をはじめ改修工事で行われる塗装やシール打替え、洗浄など様々な作業にも活用することが期待できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三菱地所株式会社 ニュースリリース
http://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec190222_robot.pdf