より安全で最適な輸送サービスを提供

2019年2月25日、川崎汽船株式会社(以下、川崎汽船)は、テクノス三原株式会社(以下、テクノス三原)と、ドローンを活用した新しい船体整備点検システム(以下、同システム)の共同開発に着手したと発表した。

川崎汽船は、海技者が運航船舶を定期的に検査することで、船隊の高い品質を維持してきたが、より付加価値の高いものとしてサービス基盤を提供することを目指し、2019年1月に新組織「AI・デジタライゼーション推進室」を創設した。

今後も、様々な分野・業界と協業し、より安全で最適な輸送サービスを提供していくとしている。

ドローンを活用した船体整備点検システムの概要

船体や貨物艙の鋼板や塗料の状態を検査・確認する際、高所や水中などは立ち入りが難しく点検が困難な箇所であった。

このため、川崎汽船は、ドローン運行技術と画像解析技術を持つテクノス三原と共同で、2018年から、空中ドローンと水中ドローンによる実船の検証を進めてきた。

この結果、検査精度を大幅に高めることができるとともに、無人化によって、作業の安全性の向上や作業効率を改善できることがわかった。

なお、テクノス三原は、2014から船舶向けドローンの開発、2018年4月からは川崎汽船と共同でドローンの船上試験、2018年7月にはドローンによる農薬空中散布サービスを開始した。

また、2019年1月に、一般財団法人日本海事協会より、船舶検査(主に精密検査)の代替手法の一つとして、ドローンを使用するサービスが提供できる事業所として世界初で認定され、さらに、仏船級ビューローベリタスが、ドローンサービス事業所として日本国内初(世界で4社目)で認定された。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

川崎汽船 ニュースリリース
https://www.kline.co.jp/