架空地線点検業務への本格的な現場導入に向けた実証実験

2019年2月26日、関西電力株式会社(以下、関西電力)、東芝デジタルソリューションズ株式会社(以下、東芝デジタルソリューションズ)、アルプスアルパイン株式会社(以下、アルプスアルパイン)の3社は、電力インフラにおける架空地線の点検業務において、ドローンによる自動追尾点検技術(以下、同点検技術)を確立し、本格導入するために、京都府内での点検工事で試験的に導入すると発表した。

落雷による架空地線のアーク痕など、設備損傷箇所を把握する電力インフラの点検において、従来は、架空地線上を自走させたカメラの撮影画像により、異常の有無を確認していた。

しかしながら、山間部などのアクセスしにくい場所では、点検場所への移動等に時間を要するとともに、鉄塔に昇ってカメラを設置し、自走後のカメラを反対側鉄塔に昇って回収するなどの作業が必要であった。

同点検技術を導入することで、架空地線点検の安全性が向上するとともに、点検作業の効率化が期待される。

なお、京都府内での試験導入では、計2台(1台は予備)のドローンを活用し、総延長約8kmの架空地線を点検する。

関西電力は、試験導入の結果も踏まえ、本格導入に向けた検討を進めるとともに、電力インフラ点検の効率化に向け、東芝デジタルソリューションズと、AIを活用した画像解析による異常箇所自動検出の実現を目指すとしている。

ドローンによる自動追尾点検技術の概要

同点検技術は、事前飛行プログラムの入力と簡単なボタン操作を行うことで、ドローンが自動で離陸して鉄塔上部へ移動し、架空地線真上を自動追尾飛行しながら4Kの高画質カメラで動画を撮影し、自動で離陸地点に戻る。

なお、追尾の際には、搭載したセンサーにより架空地線の弛みや風による揺れに対応して、一定距離を保ちながら自動追尾飛行する。

また、電動ジンバル機構により、架空地線がカメラ画面内に移るように、カメラの向きを常に自動制御しながら撮影するため、ピントの合った鮮明な画像を得ることが可能だ。

実証実験は、実際の点検業務で想定される長距離飛行や、急勾配飛行などのさまざまな飛行条件、天候によって明るさが異なる状況や背景が山林や湖などのさまざまな撮影条件下で行った。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

関西電力 プレスリリース
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2019/0226_2j.html