計画時の設備利用率と比べ実績としての設備利用率が低下

2019年2月27日、株式会社ジョインテック(以下、ジョインテック)と株式会社東北ドローン(以下、東北ドローン)は、専門家の知見のもと、風力発電設備のブレード30基をドローンにより点検し、風力発電事業者へ報告書を納品したと発表した。

国内の風力発電設備導入量は右肩上がりで伸びている一方で、風力発電設備の利用率は平均21%程度に留まっており、計画時の設備利用率と比べ実績としての設備利用率が低くなっている。

この主な原因は、日本の気候特性でもある雷被害(特に東北~北陸の日本海側)に代表される外的要因による損傷・故障による停止や、補修・メンテナンスに要する時間だ。

このような状況において、風力発電設備等の構造物のメンテナンスを行うジョインテックと、ドローンの産業利用を行っている東北ドローンは、傷評価・補修見積り積算を行えるレベルで点検を実施した。

今後は、アルビト株式会社と協業し、風力発電ブレードの損傷データをもとに、AIにより機械学習を行うサービスを展開するとしている。

ドローンによる風力発電設備点検のポイント

RTK測位(Real Time Kinematic GPS)によりホバリング性能が向上した機材を利用することで、高倍率ズームでもブレの少ない点検写真の撮影が可能となった。

このため、ブレードに衝突する心配のない離隔距離を保ちながら撮影することで、ドローン本体の移動距離を短くして、点検作業時間を大幅に削減した。

さらに、ドローンを定点に据えカメラジンバルのみを動かす手法を採用し、移動による時間のロスを削減して、1基3ブレードあたりの点検時間をブレード停止から1時間~1時間半程度で撮影できた。

また、風力発電設備点検・補修を行う専門家の知見のもと、実用に足る撮影データを取得するための専用カメラを選定することで、正対目視点検と遜色ない精度を実現した。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東北ドローン プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000026407.html