人手による作業は、メンテナンスと精度のバラつきが課題

2019年2月27日、日本電気株式会社(以下、NEC)は、同社のAIを活用したスーパーマーケット向けソリューション「NEC Marketing Segmentation」(以下、同ソリューション)が、株式会社ライフコーポレーション(以下、ライフ)に採用されたと発表した。

ライフは、これまで、商品DNAを一つ一つの商品に人手で付与していたが、人手による作業は、新商品への定期的な付与や年次の一括見直しなど定期的なメンテナンスが必要だけでなく、精度にバラつきの出ることが課題であった。

同ソリューションにおける商品DNAの自動推定を活用することで、商品DNA付与作業の工数を削減するとともに、付与した属性情報の精度向上が図られるとしている。

なお、両社は、2018年4月から2018年6月まで実施した商品DNA自動付与導入評価プロジェクトにおいて、人手で付与した商品DNAの確からしさの分析や商品DNAの自動付与の可能性を検証し、肯定的な評価を得た。

「NEC Marketing Segmentation」の概要

同ソリューションは、NECの「顧客プロフィール推定技術」(以下、同推定技術)を活用し、顧客の基本的なプロフィール・一部商品の属性(DNA)情報・購買履歴から、顧客の詳細なプロフィールや商品DNAを高精度に自動推定する。

また、購買履歴から顧客の潜在的な特徴を抽出しセグメンテーション化した上で相関関係を把握する。

これらにより、分析期間・コストを大幅に削減し、顧客一人ひとりの趣味や嗜好を踏まえたきめ細かなマーケティングを実現できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201902/20190227_01.html