物流業界で高まる省人化・自動化のニーズ

2019年2月27日、パナソニック株式会社は、自律走行・低床型 搬送ロボット「STR-100」(以下、同ロボット)を発売すると発表した。

物流業界ではEC(e-commerce)の急拡大により、宅配便の取り扱い件数が爆発的に増加する一方で、人手不足が深刻化している。

また、カゴ台車の移動で多くの労働者を必要とする物流倉庫では、重量物の搬送中に発生する労働災害が課題であり、安全面からも自動化のニーズが高まっている。

このような状況のなか、同社は、床面の工事やカゴ台車の改造などに大きな追加投資をすることなく導入でき、走行ルートの変更にも柔軟に対応可能な同ロボットを開発した。

「STR-100」の特長

同ロボットは、高さ132mmの低床型(幅500mm、長さ1,470mm)のため、既存のカゴ台車に潜り込み、天板部が昇降して、カゴ台車ごと最大質量800kgまで持ち上げて搬送できる高出力を実現している。

また、床面の工事や磁気テープの貼付を必要とせず、電子地図をもとに高精度に自動走行し、搬送対象のカゴ台車の位置を認識して自動的にカゴ台車の下へ進入し、持ち上げて固定する自動把持機能を有している。

さらに、専用の群制御システムソフトを用い、複数の分岐ポイントを同時制御して、同ロボットを最大100台まで同時動作できるうえに、制御対象ロボット、走行ルート/エリアの設定・変更もPC上で簡単にできる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

パナソニック プレスリリース
https://news.panasonic.com/