電気料金の節減、自家消費などへの活用が期待される蓄電システム

2019年2月27日、日本電気株式会社とエネルギー関連子会社であるNECエナジーソリューションズは、法人向け中型蓄電システム「DSS(Distributed Storage Solution)」(以下、同システム)を、2019年度第2四半期から販売開始すると発表した。

太陽光発電などの再生可能エネルギー発電が普及・拡大している中、蓄電システムは、ピークカットやピークシフトによる電気料金の節減、売電益の増加、自家消費への活用が期待されている。

また、需給バランスを最適化するバーチャルパワープラント(以下、VPP)のリソースや、災害・停電時などの非常用電源としてのニーズも高まっている。

なお、VPPとは、一定地域内に点在する発電設備や蓄電池などを統合的に制御し、一つの発電所のように機能させる仕組みだ。

中型蓄電システム「DSS」の概要

同システムは、従来は、別々に設置していたリチウムイオン電池と電力変換装置や、これらを制御するソフトウェアが全て一体となったコンパクトなシステムで、低コスト・短期間・省スペースで導入できる。

また、同システムの容量は、90kWh・180kWh・270kWh・360kWh・450kWh・540kWhのタイプがあり、設置場所は屋外(NEMA 4/IP65準拠)である。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201902/20190227_03.html