より利便性が高く安全な認証手段

2019年3月4日、株式会社エブリイ(以下、エブリイ)、東芝テック株式会社(以下、東芝テック)、アララ株式会社(以下、アララ)、株式会社日立製作所(以下、日立)は、指静脈認証を活用したキャッシュレス決済(以下、同決済)の実証実験(以下、同実証実験)を、2019年5月7日から7月19日まで実施すると発表した。

小売店などでは、自社店舗でのみ利用できるプリペイド式カードを用いたキャッシュレス決済の導入が進んでいるものの、カードを紛失・忘れた場合に、他人に利用されてしまうという課題がある。

このような状況において、生体認証が、カードの代わりとなり、より利便性が高く安全な認証手段として、期待されつつある。

指静脈認証を活用したキャッシュレス決済の実証実験について

同実証実験においては、東芝テックのPOSシステムに標準採用されているアララの電子マネーシステムと、日立の指静脈認証システムを組み合わせて同決済システムを構築している。

また、エブリイは、同社のプリペイド式ハウスカード「エブリカ」と指静脈による生体情報を紐付けて認証し、エブリイの店舗で、その有効性や消費者の利便性を検証する。

なお、同決済を導入することで、ユーザーは、認証基盤に登録した指をかざすだけで本人認証ができるため、カードやスマートデバイスを持ち歩く必要がなくなり、利便性が向上するとともに、他人に利用されることが防止される。

(画像は日立製作所公式ホームページより)

▼外部リンク

日立製作所 ニュースリリース
https://www.hitachi.co.jp/