被災者が所持する携帯電話の位置を推定し、捜索活動を支援

2019年3月1日、KDDI株式会社と株式会社KDDI総合研究所は、ドローンに小型携帯電話基地局を搭載した「無人航空機型基地局」(以下、ドローン基地局)を用いた携帯電話位置推定技術(以下、同推定技術)を開発し、実証実験(以下、同実証実験)に成功したと発表した。

自然災害などで、倒壊した家屋や瓦礫などの中にいる被災者を捜索する際に、携帯電話の位置情報を活用できれば、迅速な発見が図られる。

一方、携帯電話の位置情報を収集するためには、携帯電話の事前の認証処理が必要となるため、携帯電話の契約者を予め特定する必要があるが、一般的に、自然災害発生時には被災者の特定が困難であるという課題があった。

同推定技術では、被災者の特定が困難な状況であっても、携帯電話の位置が推定される場所から捜索活動を行うことが可能となる。

携帯電話位置推定技術の実証実験について

ドローン基地局は、ドローンの機体に小型化・軽量化(約3kg)された簡易版の携帯電話システム(無線設備・モバイルコア設備)を搭載しており、車載型基地局車等が到達できないエリアにおいても、携帯電話の一部の機能を提供できる基地局となる。

同推定技術では、ドローン基地局による携帯電話からの信号(LTEもしくはWi-Fiを利用)を捕捉し、携帯電話の位置を推定する。

このため、被災エリア一帯にドローン基地局を飛行させ、携帯電話から信号を受けるたびにドローンの位置を記録し、同一の携帯電話から複数の信号を受けることで、携帯電話のおおよその位置を推定することができるとのこと。

なお、同実証実験は、2019年2月15日に、ふじみ野市運動公園野球場 (埼玉県ふじみ野市)で実施された。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

KDDI ニュースリリース
https://news.kddi.com/