製造ラインが故障した際の復旧時間が生産性を大きく左右

2019年3月7日、JFEスチール株式会社(以下、JFEスチール)は、日本アイ・ビー・エム株式会社の支援のもと、「IBM Watson」を活用した制御故障復旧支援システム「J-mAIster」(以下、同支援システム)を全製造ラインに導入し、本格的に運用を開始したと発表した。

鉄鋼業においては、製造ラインが故障した際の復旧時間が生産性を大きく左右するため、迅速な復旧を図るシステムの構築が急務となっていた。

JFEスチールでは、2018年3月から西日本製鉄所の福山地区と倉敷地区で同システムの利用を開始し、同年9月には全国6地区の全製造ラインに展開しており、復旧時間を大幅に短縮するなどの効果が確認されたことから、社内の他のシステムと連携するなど、本格的に運用を開始した。

同システムにより、保全担当者は、情報の収集や移動時間を省くことができるため、故障復旧時間を短縮した事例が増えてきているとのこと。

制御故障復旧支援システム「J-mAIster」の概要

同システムでは、保全担当者がモバイル端末に故障の発生状況に関する質問等を入力すると、「IBM Watson」の音声認識機能および自然言語分類機能が質問の意図を読み取り、意図に沿った検索条件を「IBM Watson Explorer」に引き継ぐ。

これより、過去の故障履歴・日報・各種マニュアル等の膨大なデータから最適なデータソースを特定し、類似性の高い情報を検索・分析することで、復旧に必要となる情報がリアルタイムに画面上に表示される。

また、同社各地区のファイルサーバーに保管していた報告書や各種マニュアルなどは全社共有のファイルサーバー「Box」で一元管理しており、地区を横断して情報を共有することで、円滑な保全業務を支援するとしている。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

JFEスチール ニュースリリース
http://www.jfe-steel.co.jp/release/2019/03/190307.html