ドローン活用業務の完全自動化を推進

2019年3月6日、株式会社センシンロボティクスは、ドローンによる顧客業務の自動化を実現する統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE(センシン フライト コア)」(以下、同プラットフォーム)の提供を開始したと発表した。

ドローンを活用した産業ソリューションにおいて、実際の業務に適用する際には、ドローンの操縦や撮影された映像の確認作業を行うためのオペレータ(人力)の不足や、オペレータの育成・確保にかかる工数などが課題となっている。

このような状況において、同社は、ドローン活用業務の完全自動化を推進・実現するために、サービスのテスト運用に基づいて改良を続けてきた。

SENSYN FLIGHT COREの概要

同プラットフォームは、フライト設定が簡単で、「ウェイポイント飛行」では、ドローンを飛行させるウェイポイントと、各ウェイポイントでの機体アクションを個別に設定できる。

また、「エリアスキャン」では、太陽光発電所点検や測量など特定のエリアを指定することで、網羅的に撮影する飛行ルートを自動生成できる。

一方、サーバーに自動的に保存されるフライトログデータは、飛行実績画面から確認でき、撮影データは、画面上でアップロードすることで、飛行実績に紐づけて保存・一元管理することが可能であるため、ドローン関連業務の管理が容易になる。

さらに、複数機での同時飛行、様々なメーカーのドローンへの対応やUTMへの接続など、豊富な拡張機能を備えており、多様な業務への対応が可能だ。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

センシンロボティクス ニュースリリース
https://www.sensyn-robotics.com/news/sensynflightcore