公益を目的とする非営利団体と国家公務員とをマッチング・伴走支援

2019年3月7日、キャリア支援に携わってきた官僚経験者や現役官僚、起業家が理事を務め、「官僚が行う業務外での公益的活動(いわゆる「越境活動」)のサポート」を行う「一般社団法人トライセクター」(以下、同法人)がこの春に始動した。

従来、日本では、官と民が連携していることを強調するために、「官民連携」「産官学共同」という言葉が使われてきたように、両者間の壁は高い状況であった。

このようななか、国家公務員等による業務外での公益的活動(越境活動)について、受け入れ候補先とのマッチング支援や国家公務員のキャリア開発の支援を行う団体として同法人が設立された。

同法人の団体名、「トライセクター」とは、民間・公共・社会の3つを指し、この3つの垣根を超えて活躍する人材のことを「トライセクター人材」と呼んでいるとのこと。

「一般社団法人トライセクター」の活動概要

同法人の今後の具体的活動として、全ての理事が、次世代の官僚モデルの一つとなる「トライセクター人材」育成のため無報酬で協力し、国家公務員と民間受け入れ候補先によるマッチングサイト(以下、同マッチングサイト)を立ち上げる。

また、同マッチングサイトにおいて、地方公共団体・大学・一般社団法人等の公益を目的とする非営利団体との間で、マッチング支援とメンタリングを行うとともに、キャリア支援の専門家が、「トライセクター人材」となるキャリアを開発するための情報を発信する。

これらの活動を通じて、国家公務員の専門性を広く深く継続的に高めていくと同時に、より現場に即した政策を立案できるようにし、一段階上のレベルの官民連携とオープンイノベーションを可能とする「官民知識循環型社会」の実現を目指すとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

トライセクター プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000042583.html