中小企業経営者が今と未来を考え、経営の安心を次世代まで届けるために活用

2019年3月6日、エヌエヌ生命保険株式会社は、全国の50歳以上の中小企業経営者2,297人を対象に行った調査結果を発表した。

同調査は、従業員(5人以上300人未満)を雇用する50歳以上の企業経営者男女2,297人を対象に、2018年12月の期間、全国で実施した。

同社は、中小企業経営や事業承継に関する調査を継続的に実施し、調査結果を踏まえて、より一層中小企業経営者のニーズに合ったサービスの拡充を図っていくとしている。

調査結果の概要

中小企業経営者が抱えている課題として最も多いものは「人材の確保・育成」49.2%で、以下、「営業力・販売力の強化」26.7%、「新規開拓」21.2%、「資金繰り」17.3%、「事業承継」16.2%と続いた。

2025年時点で、現状のまま経営者を続ける予定と回答した現役経営者は54.1%であった。また、そのように回答した理由では、「経営者を続けていくことが生きがいだから」42.2%が最多で、次いで「後継者の問題があり退くことができない」37.4%、「さらに自身の手で事業を拡大したいから」24.1%であった。

「承継時に、先代の思いや経営上必要な情報などが整理されて残されていることを重要だと思うか」との問いには、「重要と思う」33.9%、「ある程度重要と思う」32.1%「非常に重要と思う」20.1%の順に回答があり、合計では86.1%となった。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

エヌエヌ生命保険 プレスリリース
https://www.nnlife.co.jp/