高速・大容量な通信が可能な「5G」を活用することで、より高度な業務支援

2019年03月13日、日本航空株式会社(以下、JAL)、株式会社KDDI総合研究所(以下、KDDI総合研究所)および、KDDI株式会社(以下、KDDI)は、共同で次世代移動通信規格「5G」を用いた航空機整備の遠隔作業支援などに関する実証実験(以下、同実証実験)を行うと発表した。

これまで、整備や空港などの現場で行われてきた航空機整備の遠隔作業支援では、通信環境における通信速度や容量の問題により、簡易的な作業支援に留まっていた。

このようななか、高速・大容量な通信が可能な「5G」を活用することで、より高度な業務支援に繋げられると期待される。

なお、同実証実験は、2018年11月5日~11月13日に実施された実証実験に続いて実施されるもので、前回は、「5G専用端末によるタッチレス搭乗ゲート」「乗客のニーズに合わせた情報配信」「位置測定」などに関して実施された。

実証実験の概要

出発準備中の航空機の近くや格納庫などの現場にいる整備士の作業に対して、細かい部品が多く使用されている電子部品の解体・組立の指示を、離れた場所にいる指示者が映像を確認しながら円滑に実施できるかどうかの検証を行う。

また、事前に格納庫内で撮影した航空機の外観映像を用いて、同一拠点内における8K映像の伝送速度を検証し、将来的には、高解像度の映像を活用した目視検査への活用などについて、検証を進める。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本航空 プレスリリース(2019年03月13日)
http://press.jal.co.jp/

日本航空 プレスリリース(2018年11月05日)
http://press.jal.co.jp/ja/release/201811/004947.html