人による作業が難しい場所で応用されるロボットアーム

2019年3月13日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)と東京工業大学は、世界最長となる全長10mの超長尺多関節ロボットアーム(以下、同ロボット)の手先において、10kgの物体を水平方向に保持できることを実証したと発表した。

老朽化した橋梁や大規模構造物を点検する際に、人による作業が難しい場所では、ロボットアームを応用することで、重量物の持ち上げや運搬作業などを行うことが期待される。

このようななか、両者は、狭い空間に進入できる細長いロボットの研究開発に取り組み、2018年9月に同ロボットを開発した。

超長尺多関節ロボットアームの概要

同ロボットは、アーム全長10m・直径20cm・重量300kg、可動域が最大高さ10m・水平8mで、細長い形状で多くの関節を持つことから、障害物を回避して狭い場所に進入し、探査が可能な超長尺多関節ロボットアームだ。

一方、テコの原理により、長いロボットアームが重量物を保持することは容易ではない。

今回は、複数の化学繊維ロープを関節の滑車に巻きかけ、荷重を分散して支えることで、同ロボットの手先で10kgの物体を水平方向に保持できることを実証した。

今後は、橋梁・トンネルなどの大規模構造物のインフラ点検作業において、目視・打音検査などを自動化できると期待される。

なお、同ロボットのスペック(全長・直径・保持力)は、ロボットアームが原子力発電所の原子炉格納容器中心部に到達し、各種調査機器を搬送するための目標値とのこと。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

NEDO ニュースリリース
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101083.html