セルラードローンの通信が増大すると、スマートフォンなどの通信品質が劣化

2019年3月12日、株式会社NTTドコモは、モバイルネットワークを利用するドローン(以下、セルラードローン)が搭載するLTE通信端末の送信電力を最適化するネットワーク機能「送信電力最適化機能」(以下、同機能)を開発し、LTEネットワークでの運用を開始したと発表した。

ドローンを活用した長距離の物資搬送や、上空からの映像・データ伝送などのニーズが高まるに伴って、今後、セルラードローンによるLTE通信が増大すると予想される。

しかしながら、現在のモバイルネットワークは地上や屋内利用を前提に構築されており、ドローンが飛行する上空を考慮した通信環境とはなっていない。

なお、ドローンと地上の通信端末で共通の電力制御手法を適用している場合には、上空での通信は遮蔽物がなく電波が届きやすいため、ドローンから必要以上の送信電力が出て、発する電波が地上の通信端末に対して電波干渉を与えるおそれがある。

このため、セルラードローンからの通信が増大した場合には、地上で通信しているスマートフォンなどのスループットが低下することがあり、通信品質が劣化するなどの課題があった。

送信電力最適化機能の概要

同機能では、ドローンと地上の通信端末でそれぞれ異なる電力制御手法を適用し、ドローンからの送信電力を必要最小限に抑えることで、地上の通信端末への電波干渉を軽減できる。

なお、同機能を用いた実証実験を、2019年3月11日(月曜)に、小高郵便局(福島県南相馬市)~浪江郵便局(福島県双葉郡浪江町)間において運航されているドローンによる郵便局間輸送において行った。

この結果、約9kmもの長距離にわたり、ドローンのレベル3運用に必要な映像や各種信号をLTEネットワーク経由で安定して伝送できることが確認された。

(画像は報道発表資料より)

▼外部リンク

NTTドコモ 報道発表資料
https://www.nttdocomo.co.jp/