「地域にチカラを!プロジェクト」を採択

2019年3月13日、株式会社CAMPFIRE(以下、CAMPFIRE社)は、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)とJR東日本スタートアップ株式会社が主催する「JR東日本スタートアッププログラム2018」(以下、同スタートアッププログラム)に採択され、「地域にチカラを!プロジェクト」と題して新規事業案を募集したと発表した。

同スタートアッププログラムは、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスについて、ベンチャー企業などから提案を募り、ブラッシュアップして実現するプログラムだ。

この度採択された「地域にチカラを!プロジェクト」は、地域振興を目的としており、CAMPFIRE社がクラウドファンディングのプロジェクト立ち上げをサポートし、JR東日本がPRや販路をサポートする。

なお、2018年12月から約1ヵ月間、インターネット上で「地域商品開発」と「無人駅の活用」の2つのテーマで新規事業案の一般公募を行った結果、50件を超える応募があった。

また、JR東日本とCAMPFIREは、応募された中から選出した「地域商品開発」部門の5件のプロジェクトを対象に、先行してCAMPFIREでプロジェクトを開始する。

資金調達に成功したプロジェクトには、JR東日本のサポートのもと、デザイナーが商品のパッケージデザインを手掛け、リブランディングを行うとともに、JR東日本の地産品ショップなどで販売するなど、販路の開拓をサポートする。

「地域商品開発」部門に選出されたプロジェクト

同プロジェクトの応募対象は、地域産の素材や食文化を反映した、製造者の技術が活かされた商品で、クラウドファンディングを通じた支援活動を実施する。募集期間は2019年3月13日(水)~4月29日(月・祝日)である。

また、選出されたプロジェクトは、青森県の「”完熟”りんごジュレ」、千葉県銚子の煎餅「素米ruコーン」、岩手県宮古湾産「牡蠣の佃煮」、北海道産「夏いちごのしみチョコ」、新潟越後の「日本酒ハーフカップ」など5件である。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

JR東日本スタートアップ プレスリリース
http://jrestartup.co.jp/news/2019/03/792/