3D点群データと高精度カメラを活用

2019年3月13日、東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)は、首都高速道路株式会社、首都高技術株式会社およびグローバル・インフラ・マネジメント株式会社の3社(以下、首都高グループ)と共同で、空港保守管理業務の省力化システム(以下、同空港保守管理省力化システム)を開発すると発表した。

同空港保守管理省力化システムは、空港に係る構造物や設備などの保守点検および管理作業の精度向上と効率化を目的とするもので、首都高グループが開発した道路構造物の維持管理システム「インフラドクター」を活用して開発するとのこと。

また、「インフラドクター」は、レーザースキャンで得られる3次元点群データと地理情報システムを連携させ、道路構造物の3次元図面作成、図面や各種点検・補修データの一元管理を行い、構造物の異常箇所の早期発見、点検作業や維持補修計画の立案などの効率を大幅に向上させるシステムだ。

空港保守管理業務省力化システムの概要

同空港保守管理省力化システムの開発に向けて、2019年2月下旬、静岡空港を対象に計測作業を行い、空港内の3次元点群データを取得するとともに、ひび割れなどの路面性状を調査するために、高精度のラインセンサカメラにより、路面の画像を取得した。

今後は、各種の空港保守点検作業を省力化するとともに、空港施設を保守・管理する新しい技術を確立するために検証していくとしている。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

東京急行電鉄 ニュースリリース
https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20190313-1.pdf