渓流取水設備の水位データ収集手段に課題

2019年3月12日、電源開発株式会社と東芝エネルギーシステムズ株式会社は、山間部の、アクセスが困難な地域や、携帯電話網・自営通信網の圏外となる地域において、LPWA技術を用いた渓流取水設備(以下、同設備)の実証実験を行い、良好な結果を取得したと発表した。

水力発電所の渓流取水設備においては、設備管理のために水位データを収集する必要があるが、商用電源が確保できない、もしくは携帯電話網の圏外になるなど、通信手段(網)が整備されていない場所では、データをデータロガーに記録し、保守員が定期的に回収している。

この場合、データを取得するまでに時間がかかり、将来の流入水量を予測することが困難であるため、発電電力量に制約が生じるうえに、回収に伴う人件費を要する課題がある。

このため、リアルタイムにかつ低経費で効率的にデータを収集する手段が求められていた。

LPWA技術を用いた水位データ収集の実証実験

LPWA技術とは、省電力で広域をカバーする無線技術(Low Power Wide Area)の総称で、同実証実験では、リレー方式でデータを中継して広い通信範囲をカバーする通信方式により、複数地点の渓流取水データを電力所の水位データ収集装置に伝送した。

また、既存通信機器では電波圏外となる地下発電所内において、電波伝搬の状況を収集するデータ伝送実験を行った。

北海道にある電源開発上士幌電力所管内において、2018年11月より2019年2月まで実施した同実証実験の結果からは、良好な実績を得ているとのこと。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

電源開発 ニュースリリース
http://www.jpower.co.jp/