デジタル技術を活用して工場での生産性を改善

2019年3月19日、株式会社日立製作所と株式会社日立パワーソリューションズは、多品種の産業機器を製造・メンテナンスする工場向けに、画像認識等を行う人工知能AIを活用して、作業に最適な製品の配置を提案し、最適な工程計画を立案・管理するシステムを開発したと発表した。

発電機やモーターなどの複数の製品を1つの工場で扱う場合、複数の製品で1つの設備を使用するうえに、製品のサイズや工程ごとに異なる作業スペースを使用するために、設備の使用順序や確保するスペースを考慮して工程計画を立案する必要がある。

このため、これまでは熟練者の経験をもとに工程計画を作成してきた。

しかしながら、途中で発生した割り込み作業を組み込む場合や、扱う製品が多くなった場合などには、工程計画が複雑となるため、現場の作業状況を把握しにくく、工場全体の作業量を適正化するのが困難であった。

このような課題に対処するため、製品の配置スペースと設備使用手順を同時に最適化するスケジューリング技術と、カメラで撮影した映像データからAIで作業状況を把握できる画像認識技術を開発した。

製品の配置スペースと設備の使用手順を同時に最適化するスケジューリング技術
同スケジューリング技術では、設備の使用スケジュールを考慮しながら製品の配置を計画することで、作業時間がより短くなるよう最適な工程計画を自動で作成する。

このため、作業途中で割り込み作業が発生した場合でも、容易に工程計画に組み込むことが可能となる。

生産状況を見える化する画像認識技術

同画像認識技術では、工場内のカメラで撮影した映像データから、AIを用いて製品番号や製品などを検出することで、作業状況を把握できる。

このため、製品や設備ごとのガントチャートやレイアウト変化図と作業状況を比較することで、工場内の進捗状況を見える化し、作業量と作業人員を適正化できる。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

日立 ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/03/0319a.html