役場での手続きや買い物の合間にも利用可能

2019年3月20日、シャープ株式会社は、同社の移動可能型ソーラー充電スタンド「LN-CB1AA」(以下、同充電スタンド)が、北海道むかわ町に計5台設置され、3月27日より、順次運用が開始されると発表した。

設置されるのは、「役場本庁舎」「役場穂別総合支所」「穂別博物館」に各1台、「道の駅『むかわ 四季の館』」に2台となる。

同充電スタンドは、地域住民や観光客など、誰でも手軽に充電でき、役場での手続きや買い物の合間にも利用できるうえに、停電時でも利用できるため、万が一の災害発生時には、地域の避難場所に移動して、避難者の充電ニーズにも対応できる。

また、本体背面には最大A1サイズのポスターなどを掲示でき、災害情報などで活用できる。

移動可能型ソーラー充電スタンドの概要

同充電スタンドは、太陽光パネルが発電した電気でスマートフォンや携帯電話を手軽に充電でき、蓄電池を搭載しているので、日照量が少ない日や夜間でも使用できる。

また、キャスター付きなので、季節や時間帯に応じて、陽の当たる場所に移動できる。

なお、天候不良などで、太陽光パネルの発電量が不十分な場合や、充電器の使用状況に応じて蓄電池残量が一定以下となった場合には、照明・充電機能は停止する。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

シャープ ニュースリリース
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/190320-a.html