再生可能エネルギー事業を積極的に推進

2019年3月20日、東北電力株式会社(以下、東北電力)は、株式会社レノバ(以下、レノバ社)が開発を主導する「秋田県由利本荘市沖洋上風力発電事業」(以下、同風力発電事業)の開発可能性調査(以下、同調査)に参画すると発表した。

東北電力は、特定の電源や燃料源に偏ることなく、東北・新潟エリアに豊富に賦存する再生可能エネルギーを最大限に活用するため、風力発電を主軸に、太陽光・水力・地熱・バイオマスなどの再生可能エネルギーにより、200万kW開発するとしている。

このような取り組みの一環として、同調査に参画し、東北電力の保有する電気事業の知見を最大限活用するとともに、他の出資企業と協力しながら、環境影響評価を含む同調査を進めていく。

なお、同調査の結果、事業性が見込めると判断した場合は、地域の理解を得たうえで、建設・事業化段階に移行するが、事業化以降の参画については、あらためて判断するとのこと。

由利本荘市沖洋上風力発電事業の概要

同風力発電事業では、由利本荘市の沖合に国内最大級となる出力規模約70万kWの洋上風力発電設備を建設する計画で、2021年度に着工し、2024年度から順治運転を開始する予定だ。

なお、同風力発電事業の事業主体である秋田由利本荘洋上風力合同会社の出資会社は、レノバ社、東北電力の他に、エコ・パワー株式会社とJR東日本エネルギー開発株式会社を含む4社である。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東北電力 プレスリリース
http://www.tohoku-epco.co.jp/news/normal/1200528_1049.html