現実で再現困難な機内での緊急事態(火災、急減圧)などをVRで再現

2019年3月20日、全日本空輸株式会社(以下、ANA)は、日本電気株式会社(以下、NEC)が開発したバーチャルリアリティ(以下、VR)を活用した客室乗務員の訓練を開始したと発表した。

今回の訓練は、2018年度に採用した約800人の新入客室乗務員を対象として実施した。

この際、CGを用いたVRを活用することで、現実には再現困難な火災や急減圧機内などの緊急事態や、機内設備の安全確認作業を再現した。

同訓練により、緊急事態の発生事態に対して、これまで以上に迅速かつ適切に対処できる客室乗務員の養成が可能となるうえに、反復実習できるために、業務手順が確実に定着するなどの効果が現れ始めているとのこと。

活用したバーチャルリアリティの概要

今回導入したのは、NECの「法人VRソリューション」で、導入側のニーズに合わせてVR空間を個別に構築し、ヘッドマウントディスプレイなどと組み合わせて提供される。

このため、危険な作業・研修などのトレーニングや、使いやすさの検証などのシミュレーション、あるいは遠隔会議などでのコミュニケーション用途で活用可能だ。

また、2019年4月からは、一体型VRデバイス「Lenovo Mirage Solo」を採用する予定とのこと。

同デバイスは、スタンドアロン型でかつDaydreamに対応し、空間内の動きを把握するGoogleのWorldSenseを搭載したVRヘッドセットで、上下・前後・左右の動きをVR空間に反映できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

全日本空輸 プレスリリース
https://www.ana.co.jp/group/pr/pdf/20190320.pdf