不正アクセス検知などの緊急時には迅速な対応が必要

2019年03月22日、ソフトバンク・テクノロジー株式会社は、海外に進出している国内企業向けに、マネージドセキュリティサービス(以下、同サービス)の英語対応を4月より開始すると発表した。

国内企業の海外進出が進み、システム運用の外部調達も加速している一方で、「日本語対応のみで現地担当者と直接連絡できない」コミュニケーションギャップや、「本社経由では緊急時に迅速な対応が取りづらい」リードタイムなどの課題がある。

特に、セキュリティシステムにおいては、不正アクセスが検知されたなどの緊急時には迅速な対応が必要で、いつでも現地担当者と直接連絡できる対応を必須とする企業が増えているため、同サービスの英語対応を開始することとなった。

マネージドセキュリティサービスの概要

同サービスでは、高度な分析技術と知見を有する同社のセキュリティ専門家が、24時間365日体制で顧客のセキュリティシステムを運用・監視する。

このため、海外拠点の担当者に対して電話やメールでサポートするとともに、海外拠点で重要アラートやインシデントが発生した場合には、早期解決に向けて迅速に対応できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソフトバンク・テクノロジー プレスリリース
https://www.softbanktech.co.jp/news/release/press/2019/005/