時間と場所を超えて説明や指導を可能にする

2019年3月19日、凸版印刷株式会社と、TIS株式会社は、XR(VR/AR)を使い、時間と場所を超えて説明や指導を可能にする技術を共同開発したと発表した。

少子高齢化や後継者不足などが懸念されるなか、両社は、これらの社会課題を解決する技術の開発に取り組んでいる。

その一環として、遠隔地をシームレスにつないでリアルタイムに共有しながら、物理的には遠く離れた別の場所にいる人物が、あたかも同じ空間内に存在しているかのような状況を作り出し、説明や指導を行える技術(以下、同技術)を開発した。

同技術では、「VRとARで相互指示情報を連動する」、「ARキャラクターや付帯情報をAR表示する」、「3次元スキャンされた現地空間の表示と移動をVR空間で行う」や「声・モーション情報を記録・再生する」などの機能を有している。

なお、従来のVR空間を使った遠隔共有技術では、実作業を行う場合には、ヘッドマウントディスプレイを外す必要があるうえに、AR空間を使った遠隔共有では、実際にいる場所の違いが、作業に差異を発生させてしまう問題を引き起こしていた。

今後は、同技術のさらなる改良を進め、製造業や小売業、教育、観光など様々な分野へ実装し2021年までに関連受注を含めて約30億円の売上を目指すとしている。

VRとARを用いて遠隔地をシームレスにつなぐ技術の実証実験

同技術を検証するため、凸版印刷の運営する印刷博物館(所在地:東京都文京区)において、観光分野に適用した場合の実証実験を行った。

同実証実験では、ガイドは、ヘッドマウントディスプレイを装着してサイバー空間の中で来場者を案内し、来場者は、観光施設(フィジカル空間)で、ARキャラクターからガイドを受ける。

また、タブレット端末やARデバイスのマイクを通じてリアルタイムに相互のコミュニケーションを取ることができる。

同実証実験により、遠隔地から観光施設・展示場などのガイドを行う有用性を検証したとのこと。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

凸版印刷 ニュースリリース
https://www.toppan.co.jp/