水素を様々な用途で利活用

2019年3月22日、東芝エネルギーシステムズ株式会社(以下、東芝エネルギーシステムズ)は、株式会社豊田自動織機(以下、豊田自動織機)から受注した再エネ水素充填所「H2PLAZA」(以下、同水素充填所)が完成し、本格的な運用を開始したと発表した。

東芝エネルギーシステムズは、電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システムや、燃料電池車に再生可能エネルギー由来の水素を供給するシステムなど、水素を利活用する技術・ノウハウを数多く保有している。

今後も、水素の製造から貯蔵・利活用までワンストップで製品・ソリューションを提供し、クリーンな水素社会の実現に貢献するとしている。

再エネ水素充填所「H2PLAZA」の概要

豊田自動織機の高浜工場では、13台の燃料電池フォークリフト(以下、FCフォークリフト)が稼動している。

同水素充填所では、太陽光により発電された電力で水素を製造し、圧縮・蓄圧してFCフォークリフトに供給する。

この際、東芝エネルギーシステムズが独自に開発した制御システムにより、FCフォークリフトの稼動状況に応じて水素の製造量を適正・適量に調整できるとのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東芝エネルギーシステムズ プレスリリース
https://www.toshiba-energy.com/info/info2019_0322.htm