水素事業を含め幅広い分野で協力関係を模索

2019年3月22日、JXTGエネルギー株式会社(以下、JXTG)と東京電力フュエル&パワー株式会社(以下、東電FP)は、東京大井地区における水素ステーション事業(以下、同事業)について基本合意したと発表した。

同事業において、JXTGは、東電FPが運営する大井火力発電所の一部敷地内(敷地面積約2,900平方メートル)に、商用水素ステーション(以下、同水素ステーション)を建設する。営業開始は、2020年度初めの予定だ。

また、東電FPは、大井火力発電所の敷地やインフラ等を提供する。

両社は、国際競争力のあるエネルギーを安定供給し低炭素社会を実現するために、それぞれが保有するリソースやノウハウを活用しながら、水素事業を含めた幅広い分野において、協力関係を模索するとしている。

東京大井水素ステーション事業の概要

同水素ステーションは、都市ガス改質型の水素製造装置を有するオンサイト方式で、この他、中間蓄圧器・圧縮機・高圧蓄圧器・ディスペンサーから構成されており、600N立方メートル/時の水素供給能力を有する。

また、原料となる都市ガスは、JXTGや東電FP等が出資する「扇島都市ガス供給株式会社」の製品を使用する予定だ。

同水素ステーションは、今後普及が期待される乗用車タイプの燃料電池自動車や東京都が導入を推進している燃料電池バスへの水素供給拠点となり、首都圏のJXTG水素ステーションへ供給するために、水素出荷設備を設置する計画もあるとのこと。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

JXTGエネルギー ニュースリリース
https://www.noe.jxtg-group.co.jp/