生体認証による決済の社会実装に向けた取り組みの一環

2019年3月18日、日本電気株式会社は、クレジットカードと連動した顔認証決済サービス(以下、同サービス)の実証実験を、4月19日(金)まで実施すると発表した。

異業種の機関・企業が連携したFinTech領域の取り組みが活発化するなか、利用者の利便性が高いキャッシュレス決済サービスが注目を集めている。

このような状況において、同社は、生体認証による決済に向けた取り組みの一環として、同サービスの実装実験を、NECグループ社員向けの福利厚生施設「NEC芝倶楽部」において実施することとなった。

顔認証決済サービスの概要

同サービスでは、カメラ機能を搭載するPC、スマートフォンやタブレット端末など用いて、事前に撮影・登録した利用者の顔画像とクレジットカード(VISAまたはMastercard)の情報をシステム上で関連付ける。

飲食代金を支払う際には、レジカウンターに設置したカメラで撮影する顔画像と、事前に登録した顔画像を照合して、本人確認を行う。

このように、利用者はクレジットカードの提示や現金による支払いを行うことなく、手ぶらで決済できるため、同サービスは、安全性と利便性を兼ね備えた決済方法だ。

同実証実験を通じて、不特定多数の人が利用する実店舗での認証性能や運用負荷を評価・検証し、技術や運用ノウハウなどを蓄積して、同サービスの普及拡大を推進していくとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201903/images/1801-02.jpg