施工時に効果的な騒音対策が可能

2019年3月22日、大成建設株式会社は、建物を使用しながら改修・解体工事を実施する際、発生源から建物内を伝わり居室などに影響を及ぼす騒音(以下、固体伝搬音)を事前に予測するシステム「TSounds-Structure」(以下、同システム)を開発したと発表した。

建物の改修・解体工事を行う際、建物の一部を使用しながら実施する事例が多くみられるが、居室には工事に起因する振動によって固体伝搬音が発生するため、これを的確に把握し、対策を講じる必要がある。

同システムは、施工時にどの程度の固体伝搬音が発生しどのように伝わるかを、工事前に高精度・迅速に予測できるため、効果的な騒音対策が可能となる。

「TSounds-Structure」の概要

同システムでは、振動伝搬を解析する際に、スラブ・梁・柱を含む部材間の反射・透過など、波動現象を考慮した統計的エネルギー解析法を用いているため、予測精度が大幅に向上して実測値と同等の結果が得られる。

また、従来の有限要素法で高精度に解析するには、要素数を多くする必要があるため、計算時間も長くなっていた。一方、同システムでは少ない要素数でも高精度な解析を行えるため、計算時間が大幅に短縮される。

さらに、空気伝搬音予測システム「TSounds-Ambience」と連携して、固体伝搬音と空気伝搬音の影響を組み合わせた総合的な騒音予測が可能となるうえに、解析結果を可視化することで、対策を施す範囲や騒音の少ない施工計画を効率的に検討できるとのこと。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

大成建設 ニュースリリース
https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2019/190322_4604.html