高度な情報分析を求められることがある株式投資

2019年3月25日、SMBC日興証券株式会社(以下、SMBC日興証券)は、AIを活用した投資情報サービス「AI株式ポートフォリオ診断」(以下、同サービス)を、ダイレクトコースの顧客向けに3月29日より提供開始すると発表した。

インターネット、スマートフォンやIoTなど、デジタル化が進展するに伴い、自分で情報収集して株式投資する人が増加している。しかしながら、資産運用を始めたばかりの人には、難しい高度な情報分析が必要になることもある。

そこでSMBC日興証券は、HEROZ株式会社(以下、HEROZ)の持つ最新のAI技術を活用。現代ポートフォリオ理論に基づいて複数銘柄で運用し、顧客本位の業務運営を具現化する同サービスを開発したとのこと。

「AI株式ポートフォリオ診断」の概要

同サービスでは、最新のAIモデルとファイナンス理論・投資手法を組み合わせ、顧客のニーズに応じて、2つの提案コースが用意されている。新規ポートフォリオの提案では、顧客が選択した1銘柄と投資金額をもとに、AIが相性の良い銘柄を提示する。

また、既存保有銘柄の状況を診断し、より効率的に運用するために、保有するポートフォリオのリバランスを提案する。

さらに同サービスでは、株価予測AIがディープラーニングにより決算データや株価データを学習することで、国内株式上場銘柄の1ヶ月先の期待収益性を予測し、スコア化する。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

SMBC日興証券 ニュースリリース
https://www.smbcnikko.co.jp/