太陽光発電システムを活用した新たな電力サービス

2019年03月27日、京セラ株式会社(以下、京セラ)と関西電力株式会社(以下、関西電力)は、「京セラ関電エナジー合同会社」(以下、新会社)を設立することについて、合意したと発表した。

現在、家庭で消費するエネルギー量は1970年代の石油危機の頃より約2倍に増加している。また、経済産業省は、注文戸建住宅の過半数を2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にするという目標を掲げているとのこと。

このような状況において、両社は、新会社を2019年4月1日に設立し、太陽光発電システムを活用した新たな電力サービス(以下、新サービス)を、関東および中部エリアを対象として、2019年秋頃に開始するとしている。

新会社「京セラ関電エナジー合同会社」の概要

新会社は、再生可能エネルギー市場での事業を拡大するために、京セラグループの太陽光発電システムや施工・メンテナンス等に関する技術と、関西電力グループのエネルギーサービスのノウハウを融合して、新サービスを提供する。

新サービスでは、新築戸建住宅の屋根に京セラ製の高品質な太陽光発電システムを設置し、発電した電力を顧客宅へ供給するとともに、太陽光発電電力が不足した分は系統電力を供給して安定化を図る。

また、顧客は太陽光発電システムの設置費用を負担する必要がなく、原則10年の契約が満了した後には、無償で譲渡される。さらに、契約期間中は、京セラの10年保証のもとメンテナンスが行われる。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

京セラ ニュースリリース
https://www.kyocera.co.jp/news/2019/0305_cool.html