施設、機材や車両が老朽化

2019年3月22日、住友商事株式会社(以下、住友商事)、日本信号株式会社(以下、日本信号)および株式会社きんでん(以下、きんでん)は、ミャンマー国鉄からヤンゴン環状鉄道改修事業のうち、鉄道信号システム・信号用電力供給設備一式の改修事業(以下、同事業)を受注したと発表した。

ヤンゴン環状鉄道(以下、同鉄道)は、ミャンマー最大の商業都市ヤンゴン市を走っている。しかし近年、施設や車両の老朽化が進み、列車運行速度の低下や遅延、脱線事故などが頻発。輸送サービス機能の向上が喫緊の課題となっている。

ヤンゴン環状鉄道改修事業の概要

同事業は、国際協力機構とミャンマーとの有償資金協力による、日本国政府開発援助事業だ。無償資金協力で整備された区間を除く、44キロメートル区間の信号システムと信号用電力供給設備の改修工事を行う。

契約金額は約70億円で、2019年4月以降に着工し、2022年5月に完工する予定だ。

同事業において、日本信号は電子連動装置等の信号システムを納入、きんでんは信号システムへの電源供給工事を担う。また、住友商事は同事業の着実かつスムーズな契約履行を推進していくとしている。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

住友商事 ニュースリリース
https://www.sumitomocorp.com/