物流業界で深刻化している人手不足や作業コストの上昇

2019年3月28日、センコー株式会社(以下、センコー)と帝人株式会社(以下、帝人)は、ICタグを使った商品の入出荷システム(以下、同入出荷システム)を共同開発し、センコーの物流センターで本格的な運用を開始したと発表した。

物流業界では、人手不足や作業コストの上昇が深刻化している。

このような状況のなか、センコーは、物流センターにおける省人化と機械化を積極的に推進しており、2018年8月から同システムの試験運用を開始し、2019年2月には大分メディカル物流センター(以下、同物流センター)に導入した。

同物流センターでは、商品の入出庫あるいは保管場所を変更するたびに、作業員がフォークリフトから降りて、商品管理のために商品や保管ラックに付けられたバーコードを読み取る必要があり、作業効率の向上が課題であった。

ICタグを使った商品入出荷システムの概要

同入出荷システムは、帝人が提供している在庫管理システム「レコピック」を、物流センターで運用できるよう改良したものだ。

「レコピック」は、帝人が開発した2次元通信シートを読み取り用アンテナシートとして活用し、物品に貼付したICタグの情報をリーダライタで読み込み管理できるシステムで、図書館や企業での文書管理、医療機関での機器管理など、幅広く活用されている。

同入出荷システムでは、パレット・荷物や保管ラックにICタグを貼付し、フォークリフトにアンテナシートを取り付けることで、自動的に商品データを把握して管理できる。

このため、リフト荷役作業時にフォークリフトから降りる必要がなく、作業効率の向上や誤出荷防止などの効果が期待できる。

(画像はセンコー公式ホームページより)

▼外部リンク

センコー プレスリリース
http://www.senko.co.jp/