都内最大規模、1万台を超えるタクシー車両

2019年4月3日、みんなのタクシー株式会社(以下、みんなのタクシー)と株式会社ベクトル(以下、ベクトル社)は、みんなのタクシーと提携しているタクシー車両において、「後部座席IoTサイネージサービスTHE TOKYO TAXI VISION GROWTH(グロース)」(以下、同サービス)を開始したと発表した。

みんなのタクシーは、グリーンキャブ・国際自動車・寿交通・大和自動車交通・チェッカーキャブのタクシー会社5社と、ソニーおよびソニーペイメントサービスとの合弁企業であり、AI技術を活用した配車サービスや需給予測サービスなどを提供している。

また、タクシー会社5社が保有するタクシー車両は1万台を超えており、都内最大規模だ。

一方、ベクトル社は、マーケティング分野における戦略的PR事業を行う総合PR会社で、映像製作から動画広告配信まで行う複数の子会社を所有している。

後部座席IoTサイネージサービス「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」の概要

同サービスでは、10.1インチの大画面に、月間約700万人に上る都内のタクシー利用者へ広告を配信するとともに、ビジネス層に向けた、オリジナルの映像・静止画コンテンツを配信する。

また、ソーシャル経済メディア「NewsPicks」では、国内外の最先端の経済ニュースから教養を深めるための実学まで提供する。

さらに、ライフスタイルマガジン「OPENERS」では、ファッション・ビューティー・クルマ・旅・食・カルチャーなどスマートな生活に関わるテーマで、独自に編集したコンテンツを毎日更新している。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

みんなのタクシー ニュースリリース
https://www.mintaku.co.jp/