いつでもどこでも納税可能

2019年4月2日、山梨県甲府市は、市税等を納付する人の利便性向上を図るため、三菱UFJニコス株式会社と株式会社ジェーシービーを指定代理納付者に指定し、株式会社エフレジが提供する「F-REGI公金支払い」を導入して、インタ-ネット経由での市税のクレジットカード収納業務(以下、同サービス)を、4月1日より開始したと発表した。

納税義務者は、場所を問わず24時間納税できるため、利便性が格段に向上するうえに、クレジットカード会社が提供するポイントも付与される利点がある。

クレジットカード収納業務の概要

同サービスの対象となるのは、市・県民税(普通徴収)、固定資産・都市計画税(土地・家屋)、固定資産税(償却資産)、軽自動車税、国民健康保険料である。

同サービスを利用するには、パソコン・スマートフォン・タブレット等により、同市のウェブサイトを経由してオンライン納付画面にアクセスし、納付書の納付番号・確認番号・クレジットカード情報を入力する。

利用可能なクレジットカードブランドは、VISA・MasterCard・JCB・American Express・Diners Clubのいずれかのロゴがあるカードだ。

なお、クレジットカード納付には、納付額に応じたシステム利用料が必要となり、二重納付等により還付金が発生した場合でも、システム利用料は返金されない。

また、「F-REGI公金支払い」とは、株式会社エフレジが提供するFintechサービスの総称で、税金や水道料金などの各種料金、ふるさと納税などをオンライン決済により納税できる。

ただし、納期限が過ぎてしまった納付書、納付書に納付番号・確認番号の記載のないものや、金額を訂正した納付書の場合には、同サービスを利用できない。

(画像は甲府市公式ホームページより)

▼外部リンク

三菱UFJニコス ニュースリリース
http://info.cr.mufg.jp/