土砂運搬作業の安全性と生産性を向上

2019年04月04日、株式会社熊谷組(以下、熊谷組)は、SOINN株式会社(以下、SOINN社)と共同で、不整地運搬車を自動で走行させる「クローラキャリアによる不整地運搬車(クローラキャリア)の自動走行技術」(以下、同技術)を開発したと発表した。

土木工事における土砂運搬作業は、土砂積載場所から搬出場所まで同一経路を単調に繰り返し往復する作業であるが、運搬経路から車両が逸脱・離合するなどの危険があるうえに、運転手の疲労蓄積や集中力低下などで事故を起こす危険もある。

このような危険をなくして土砂運搬作業の安全性を向上させるとともに、単純作業を省力化して生産性を向上させるために、同技術を開発することになった。

「不整地運搬車の自動走行技術」の概要

同技術で開発したAI制御技術では、複数台の不整地運搬車が衝突しないように制御しながら繰り返し自動走行させることが可能となるため、衝突等を避けるための監視作業が不要となる。

このため、従来は土砂積載を遠隔操作するオペレーターの外に、衝突等の安全を確認しながらクローラキャリアを自走走行させるオペレーターが必要であったが、同技術ではオペレーター一人で土砂積載作業に専念できるため、省力化が図られる。

また、同技術では、運行管理で接触を防止できるため専用のセンサーが不要で、経路が複雑かつ長距離な場合にも対応できるうえに、運搬機械の速度が平準化するため燃費効率の向上が期待される。

なお、2018年9月に、阿蘇大橋地区斜面対策工事において同技術の効果を検証したとのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

熊谷組 プレスリリース
https://www.kumagaigumi.co.jp/news/2019/pr_20190404_1.html