定期的に経年調査して耐久性能を実証

2019年4月5日、大成建設株式会社は、超高強度繊維補強コンクリート(以下、UFC)を適用した、2002年に竣工のPC歩道橋「酒田みらい橋」(以下、同歩道橋)および2007年竣工のモノレール軌道桁「東京モノレール軌道桁」(以下、同軌道桁)において、この度、経年調査を行い、竣工から十数年経過した現在でも、優れた耐久性能が維持され、健全であることを確認したと発表した。

UFCは、強度、緻密性および耐久性能が従来の普通コンクリートに比べて高い材料であり、設計耐用期間は、推定式に基づく予測で100年とされている。

同社はUFCを適用した構造物に対する経年調査を定期的に行っており、今回は、供用から約15年経過した同歩道橋と、供用から約10年経過した同軌道桁を対象として実施した。

PC歩道橋「酒田みらい橋」とモノレール軌道桁「東京モノレール軌道桁」の調査結果

構造物全体の外観目視調査では、両構造物とも外観の変状や点さびの進展などが生じていないことを確認した。

塩化物イオンの侵入深さは、同歩道橋が1~2mm、同軌道桁が0mmで、一軸圧縮強度試験では、両構造物ともUFCの強度低下や耐久性に起因する劣化は生じていない。

固有振動数は、同歩道橋が建設当時と同じで、同軌道桁が3.42Hz(竣工時)から3.39Hz(調査時)に低下しているものの、ひび割れの発生や導入プレストレスの減少、支承部の損傷等の劣化に起因する剛性低下などは生じていない。

これらの結果より、2つの構造物は竣工後10年以上経過しても優れた耐久性能を維持しており、構造物の健全性が確認できたとのこと。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

大成建設 ニュースリリース
https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2019/190405_4612.html