注目のクラウド勤怠管理を導入するには何に注目すればいい?

従来の勤怠管理には紙によるタイムカードでの打刻方法が一般的でしたが、近年インターネット技術の進化によりクラウドを利用しての勤怠管理に注目、導入する企業が増えてきました。

インターネット技術を利用しているため、様々なネットワークと連携できる便利さ、また従業員による不正打刻の防止、上司や管理職からの指示による過重労働の防止にも役立つことから注目されています。

とはいえまだまだ認知度が低いことがクラウド勤怠管理の問題点です。ここでは、人気の高いクラウド勤怠管理を比較し、その特徴やサポート、どんなサービスと連携できるかなどご紹介します。

勤怠管理を紙のタイムカードから、クラウドの勤怠管理システムに変更することで、実現できることには様々な内容があります。まずは打刻方法が紙からICカードや指紋認証、スマートフォンなどからも可能になることで、不正打刻の防止につながります。

また従業員それぞれの勤務時間をデータ化することができ、集計作業にかかる時間が大幅に削減されます。従業員1人1人の勤務時間もしっかり把握できるため、残業時間や休日出勤の管理がしやすくなる他に、過重労働を防ぐこともできます。

インターネットを利用しているため、メンテナンスも比較的楽にできます。特に法改正など重要な変更にも迅速に対応できるサポートが整っています。

以上のことはどの勤怠管理サービスでもできることですが、勤怠管理システムを扱っている会社ごとにそれぞれサービスの違いがありますので会社ごとにご紹介します。

ジョブカン勤怠管理

25,000社以上の利用実績を誇る「ジョブカン勤怠管理」の特徴は、多彩な打刻方法を選択できること、安心のサポート体制があること、操作は簡単であるにも関わらず豊富な機能があることなど様々です。

多彩な打刻方法は、ICカード、LINE打刻、Slack打刻、GPS打刻など多彩なシーンに対応できます。サポート体制も電話の他にチャットやメールでも利用できます。

シフト管理も簡単に作成でき、休暇や残業の申請も管理することができます。ほとんどの給与計算ソフトとも連携しているため、管理がとても楽になります。

30日間無料で全機能を制限なく使うことができます。有料プランですと1ユーザーあたり月額200円から利用できます。ジョブカン勤怠管理の公式ホームページでは導入した企業の導入事例を見ることができますので、導入を検討している人は参考にしてみてください。

follow スマートタッチ

NTTコムウェアが提供する「follow Smart Touch」は、ICカードやスマートフォンから勤怠状況を把握できる打刻方法を採用しています。勤怠管理者はクリック1つで勤怠管理を集計、出力できます。

注目すべき特徴は、駅すぱあとと連携しているため、通勤や出張に要した交通費を適正に管理することができます。給与ソフトにも簡単に連携できるため人事管理に要する時間を大幅に削減できます。

勤怠管理の導入もスムーズにできるよう工夫されており、就業制度の設定は質問に答えるだけとなっています。1ユーザーあたりの利用料も月額200円からと業界最安クラスの料金プランで利用できます。

jinjer勤怠

「jinjer勤怠」は、簡単な導入、簡単な操作で利用できることが特徴の勤怠管理サービスです。打刻方法も特徴的で、ICカード、パソコンを使用したスタンダードなものから、タブレットやスマートフォンを使ったGPS、チャットアプリ、カメラによる笑顔判定というユニークなものまであります。

この製品の注目ポイントは、業界初のAIによるエンゲージメントアラート機能を搭載していることです。これは従業員の個々の勤怠管理データからそれぞれの傾向値を導きAIが分析します。その結果モチベーションが低下傾向の従業員をいち早く察知し、人事担当者へとアラートを出す機能です。

各給与システムとも連携、またjinjerシリーズのクラウドサービスとも連携することで、採用からの人事情報を一括で管理することも可能です。利用料金は1ユーザーあたり月額300円からとなっています。

(画像はイメージです)