簿記知識がなくても会計ソフトは使えるのか?

事業を行う上で、日々の取り引きを帳簿にまとめる作業はとても大切なものになります。この取り引きからお金の流れを把握し、事業計画に役立てたり、事業の見直しを行ったりもしていきます。

また毎年行われる確定申告もこの帳簿を元に作成し、決算書といっしょに税務署へ提出し、1年間の納税額を決定します。このように会計業務は事業を行う上でなくてはならない作業となっています。

最近は副業や、スモールビジネスをはじめ事業所得の確定申告が必要な人が増えてきました。しかし、ビジネスに集中したいため会計処理は簡単に済ませたいニーズが広がっています。そしてそのニーズに応えるため操作が簡単で使いやすい会計ソフトも続々と登場しています。

最近人気のある会計ソフトのサービスのほとんどがクラウド型の会計ソフトで、その利便性や操作性の手軽さが人気を呼んでいます。その理由の上位を占めるものに会計知識がない人でも使いやすい点があります。

従来の会計業務は簿記のルールに従って取り引きごとに仕訳作業が必要でした。まず帳簿に取り引きがあったごとに記録をし、決算書や損益計算書、貸借対照表を作成していました。これらを正確に作成するために簿記の知識が必須でした。

経営を判断する人にとっては簿記の知識はあると武器になりますが、会計帳簿を作成するだけの人にとっては、簿記の知識がなくても帳簿が作成できる時代になりました。

簿記知識がない人でも会計ソフトが使いやすい理由は?

簿記知識がない人でも会計ソフトが使いやすい理由に、近年登場したクラウド型会計ソフトの存在があります。クラウド型の会計ソフトは、インターネットを利用したクラウド型の会計ソフトです。

インターネットを利用しているため、インターネットバンキングやクレジットカードの取り引き明細を自動的に、会計ソフトに取り込むことができます。自動でデータを取得し、その取り引きに合った仕訳も自動でしてくれます。

この機能のお掛けで、仕訳に必要な勘定科目の知識がなくても帳簿を作成することができるようになりました。また手入力が必要な仕訳についても、取り引きの内容を選択しながら作成できますので、感覚的な操作で帳簿の作成ができます。

アップデートを自動で行うため、法改正や税制改正にもすぐに対応できます。間違った知識や古い知識で帳簿を作成すると修正に無駄な時間と労力が必要になります。

まずは無料体験で使ってみる

ほとんどのクラウド型会計ソフトは、その操作性や機能性を実感してもらうため、無料で使用できるトライアル期間を設けています。

会計ソフトは何種類もクラウド対応のものが出ており、最初は何を使えばよいか分かりませんし、使う人によって相性もあります。実際に使用してみて使いやすい会計ソフトを自分で確かめて見つけることが1番の近道です。

日商簿記3級程度の知識があれば作業はよりスムーズに

クラウド型会計ソフトは自動で帳簿を作成してくれる機能もありますが、勘定科目の意味などは日商簿記を勉強しておいた方が、帳簿入力の時も手間取らずスムーズに作業を行うことができます。

日々の帳簿の入力が完成したあとに、税理士に帳簿入力を確認してもらう時も簿記に関する知識を持っていた方が、お金の流れをより正確に税理士に伝えることができます。

お金の流れを正しく理解できる簿記の知識は、その事業の経営判断に大いに役立つ知識です。ビジネスには必ずお金の流れがついてきます。

簿記に関する知識を教えてくれるサービスを利用したり、日商簿記の3級程度の知識を身につけたりすると会計作業もよりスムーズに行うことができます。

(画像はイメージです)