クラーク米空軍基地跡地の大規模新都市計画

2019年4月4日、丸紅株式会社(以下、丸紅)は、関西電力株式会社(以下、関西電力)、中部電力株式会社(以下、中部電力)、およびフィリピン共和国最大の配電事業会社であるマニラ電力会社(Manila Electric Company、以下、マニラ電力)と共同で、フィリピン・ニュークラークシティ(以下、NCC)におけるスマートグリッド事業(以下、同事業)に参画すると発表した。

NCCは、フィリピン基地転換開発公社(Bases Conversion and Development Authority、以下、同開発公社)が、マニラ首都圏の北西約120kmにあるクラーク米空軍基地跡地(9,450ha)において開発を計画している大規模新都市だ。

同事業では、関西電力と中部電力が日本国内で培った効率的・安定的な電力供給やスマートグリッド事業に関する知識、丸紅が保有する海外電力事業の知見を活用して、マニラ電力とともに地域密着型の電力サービスを提供するとしている。

スマートグリッド事業の概要

同事業において、同開発公社は国土交通省傘下の海外交通・都市開発事業支援機構と共同で都市開発のマスタープランを作成し、電力・上下水・ガス・通信・交通インフラを整備し、工業団地・住宅商業施設を開発する。

また、先端研究施設・大学・病院等を誘致するなど、段階的に開発を進めて、2065年までに人口120万人の大規模都市とするとしている。

今後は、丸紅が18%、関西電力が9%、中部電力が9%、マニラ電力が54%、同開発公社が10%を出資して事業会社を設立し、電力を供給する予定だ。

(画像は丸紅公式ホームページより)

▼外部リンク

丸紅 ニュースリリース
https://www.marubeni.com/jp/news/2019/release/20190404J.pdf