中小製造業などの製造現場における生産性改善に貢献

2019年4月8日、株式会社NTTドコモは、「docomo IoT製造ライン分析TM」(以下、同サービス)の提供を開始すると発表した。

一般社団法人 日本情報システムユーザー協会のアンケート結果によると、国内企業の大半を占める中小企業において、IoTやAIなどのデジタル技術を導入・活用しているのは10%程度にとどまっている。

このような状況において、同社は、中小製造業における人手不足や生産性改善などの課題に対処するために、同サービスの実証実験を実施してきた。

この結果、「安価に稼働状況を可視化・分析でき、解決策の提案もあり助かった」「投資に対する効果がわかりやすい」「約10%の生産能力向上を確認できた」などの意見を得たとのこと。

「docomo IoT製造ライン分析」の概要

同サービスは、現有する製造機械に加速度センサーを取り付け、検出した振動から機械稼働データを可視化するとともに自動で生産分析する中小製造業向けサービスだ。

この際、収集した機械稼働データをIoTゲートウェイ(IoT-GW)でクラウドの稼働可視化・分析システムへ送信する。

分析システムには、生産数量の目標設定/実績の可視化や到達度を確認する「生産数量分析」、製造品1個あたりの機械稼働時間を可視化し工程間で比較する「ボトルネック工程分析」、製造工程ごとの機械非稼働時間を可視化する「チョコ停・ドカ停分析」などがある。

また、オプションとして、データ分析結果をもとに、生産性改善専門のコンサルタントが実施する課題特定と改善提案サービスも提供する。

(画像はNTTドコモ報道発表資料より)

▼外部リンク

NTTドコモ 報道発表資料
https://www.nttdocomo.co.jp/