中国で急速に進む再生可能エネルギーの利用

2019年4月11日、日本電気株式会社(以下、NEC)と同社のエネルギー関連子会社であるNECエナジーソリューションズは、中国のエネルギーサービス企業Ray Power Systems社へ出力9MWの大型蓄電システム(以下、同システム)を2基提供し、稼働が開始されたと発表した。

中国では再生可能エネルギーの利用が急速に進展しているが、自然条件などによって発電量が変動するため、周波数や電圧などの電力品質を維持するには、同システムを用いた周波数調整サービス(以下、同サービス)により電力の需給バランスを調整する必要がある。

Ray Power Systems社は同システムを保有・運用して、同サービスを内モンゴル自治区オルドス市のHang-Jin発電所と、河北省唐山市のFeng-Run発電所に提供する。

NECおよびNECエナジーソリューションズの蓄電システム納入実績

NECおよびNECエナジーソリューションズは、山西省のPuzhou市においても、出力6MWの大型蓄電システムを受注して設置作業中であり、2019年前半に稼働を開始する予定だ。

これらの受注を含めて、全世界での両社の納入実績は、750MW以上に達するとのこと。

(画像はNEC公式ホームページより)

▼外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201904/20190411_01.html